墓地選びに悩む前に

寺院墓地の場合お布施は必要?

寺院墓地の場合お布施は必要? 寺院墓地の場合は、まず寺を支えるための檀家になり、お布施を必要としますが不要な寺院もあるので住職に確かめると確実です。
一旦、檀家になっておくと寺の行事や家族の法要ごとにお布施が必要になりますが、子孫と寺が続く限り寺院墓地が使用でき、経験を積んだ僧侶による手厚い供養も受けられるというメリットがあります。
お盆などの繁盛記でも檀家は優先してもらえ、檀家をやめて墓地を移す離檀も近年では自由に行えるようになりました。
永代供養などの納骨時には、すでに永代供養料を支払っているため必要ありませんが、墓地を管理してくれていることへの感謝の気持ちとしてお布施を渡す遺族もいます。
年忌法要では用意した方が良いかどうか迷いますが、永代供養の契約が初回のみの支払いで完了ならお布施は用意しなくても良いですが、寺や僧侶にもよりますので事前に打ち合わせすると確かです。
お布施はあくまでも僧侶へのお礼の気持ちなので、しきたりよりも感謝を表したいかどうかで決めるのが、お互いに気持ち良く法要を重ねていく極意です。

霊園と寺院墓地の大きな違いとは?

霊園と寺院墓地の大きな違いとは? 霊園と寺院墓地の大きな違いは、管理している団体の違いです。霊園を管理しているのは地方公共団体、または民間です。
墓地の場合は、寺院が管理をします。これからそれぞれの違いについて説明します。
まず、霊園の場合は、宗教、宗派は問われません。永代使用料は、公営の場合は比較的安く、民間の場合は高めの設定です。
公営の場合は申込希望者が多く、抽選となる場合がほとんどです。墓石は、公営の場合は自由に選べます。
ただし、大規模開発で造成されたところが多いので、立地面で不便な場所にあることが多いです。また、その自治体の住民であることや、ご遺骨があることが条件になります。
寺院墓地の場合は、寺院の宗派の檀家となることが前提で、寺院とのお付き合いが必要になります。
場合によっては寺院の行事参加や手伝い、支援を求められることがあります。永代使用料は立地条件や寺の格式等で異なります。
申込は空きは少なく、宣伝も行わないので、空き情報を得ることは困難です。墓石は自由にデザインを選ぶことは難しく、石材店も指定されることがあります。
立地は様々な場所にあるので、交通に便利な場所を選ぶことが可能です。それぞれにメリット、デメリットがありますので慎重に選びたいですね。