墓地選びに悩む前に

墓地を移転する方法とは?

墓地を移転する方法とは? 故郷から遠く離れて住んでいる家族が、先祖の墓を今の住まいの近くに移したいという場合、改葬という手続きが必要になります。
こうした墓地の移転は年々多くなっていますが、流れとしては、まず改葬先となる墓地に新しくお墓を建立することになります。
その際、お墓の購入費用が必要です。
さらに新しいお墓が、元のお墓の広さと異なっていても問題ありませんので、予算に応じたタイプを選べます。
新しいお墓には、元のお墓に彫られていた戒名などの彫刻を施します。
また元のお墓から遺骨を取り出す時には、僧侶による閉魂供養が必要です。
さらに新しいお墓に納める時に、開眼供養を行ってもらう必要があります。
その時、それぞれ僧侶にお布施を包みます。
最後に元のお墓で使われていた墓石の撤去処分を行い、更地に戻しますが、この撤去にも費用が若干かかります。
尚、注意点として、寺院によっては墓地の移転を受け入れていないところもあるため、事前に改葬ができるかどうかを確認する必要があります。

墓地の移転・改葬・墓じまい効率の良いものは?

墓地の移転・改葬・墓じまい効率の良いものは? 墓地の移転・改葬・墓じまいは、既存の墓所から取り出す遺骨の、その後の供養をどうしたいかによって、効率が良いと思えるポイントが変わってきます。
移転や改葬はもちろん、墓地そのものを無くする墓じまいにあたっても、既存墓所のある市区町村などの自治体から、改葬許可を受けることが必要となります。
埋葬されている遺骨を墓所から取り出す行為は勝手には行えず、自治体からの許可を得てから初めて実行できます。
改葬許可証を交付してもらうためには申請手続きが必要ですが、そのためには改葬先から受入証明書を発行してもらわなくてはなりません。
墓じまい後に新たな墓地に改葬するのではなく、海への散骨を考えている場合、散骨代行業者等に依頼する必要があるなど、通常の改葬より少々特別な面があります。
改葬許可申請のため、受入証明書と共に必要になるのが、既存墓地の管理者から発行してもらう埋葬証明書です。
改葬にしても墓じまいにしても、檀家を失うということで寺院などが離檀料を請求するケースもあり、こういったトラブルを避けるためにも万全の準備をして臨むことが求められます。
効率の良さを重視するのであれば、最初から専門の業者に任せるほうが無難と言えます。
取り出した遺骨を海へ散骨するのであれば、それを専門に行っている業者、樹木葬や永代供養墓への改葬であれば、そういった手続きに長けた業者を選ぶことで、それぞれの効率の良さが高まります。