墓地選びに悩む前に

夫婦で宗教が違う場合墓地選びはどうする?

夫婦で宗教が違う場合墓地選びはどうする? 夫婦で宗教が違い、同じお墓に入る場合には、宗教不問の墓地を購入し、どちらの宗教にも向くようなお墓を建てるようにします。
お寺や教会の墓地は、多くの場合、それぞれの宗教を踏襲することになります。
しかし、夫婦の場合には、宗教が違っても、受け入れてくれるところもあります。
したがって、お寺や教会等に問い合わせてみることが必要です。
また、公営や民営等の霊園の場合には、宗教不問と説明しているところも多くなっています。
新しくお墓を建てる場合には、すんなりと入ることが出来ます。
夫婦で宗教が違う場合には、亡くなった後で、悩むことがないよう、生前からお墓や墓地について、よく話し合っておくことが必要なこととなります。
お互いに納得が出来るところを決めておくと、一人になった際に、動きやすくなります。
また、お墓には、管理料などがかかりますので、あらかじめ調べておくようにします。
二人が別々のお墓に入ると、負担が増えることになりますので、そのあたりのことも納得出来る方法を考えるようにしておきます。

無縁墓地の正しい処理方法

無縁墓地の正しい処理方法 無縁墓地の処理は、墓じまいと呼ばれることもありますが、墓地法という法律では改葬として扱われています。
従って寺院などの宗教法人が、縁故者のいない墓を撤去したい場合や、別の場所に遺骨を移動したい場合には、改葬として行政上の手続きを行う必要があります。
この時、市町村長の許可が必要であると、厚生労働省令で定められています。
そしてこの許可申請には、死亡者に縁故者が全くいないという証明書類が必要です。
そのため改葬を希望する宗教法人は、まず縁故者の有無を確認し、相続人がいる可能性があるなら探し出さなければなりません。
そして相続人が見つかった場合はその人と交渉し、承諾書を得なければ改葬を行うことはできません。
また、後で相続人が現れて損害賠償を請求するというケースもありますので、相続人の捜索や交渉については、通常、弁護士に依頼することが多いです。
その他、許可申請を行う際は、市町村長に対して、改葬の理由や改葬の場所、申請者の住所、氏名などを提出する義務があります。